日産軽自動車デイズルークス発売 トールワゴン軽自動車で室内空間広々

軽自動車の税金・車検費用・燃費・保険を比較
軽自動車比較・ランキング トップ軽自動車ニュース>日産デイズルークス発売

2014年2月13日デイズルークス発売 NBOX、タントスペーシアと競合

日産軽自動車のデイズから、トールワゴンタイプのデイズルークスが2014年2月13日に発売となりました。

日産と三菱の合弁会社NMKVから発売された、デイズ・ekワゴンは、全高1700mm以下のスズキワゴンRやダイハツムーヴなど、軽自動車のど真ん中といえる、室内空間と走行性能のバランスにすぐれたカテゴリーに向けて発売されました。

上質なスタイリングやインテイリアで少々割高な軽自動車ではありますが、まずまずのスタートとなっています。しかし、ワゴンR、ムーヴの牙城を崩すまでには至っていないのが現状です。

その中で日産のデイズからデイズルークスという、全高1700mm以上のトールワゴンタイプの軽自動車が発売されました。
ライバルは言わずと知れた、このクラスの先駆者的存在のダイハツタント、そしてホンダから発売されて、たちまち大人気となって、タントと熾烈な争いを繰り広げているNBOX、そしてトールワゴンの中で燃費NO1を誇るスペーシアとなります。

日産のデイズルークスのボディサイズで全高1775mmとタントよりも高い全高に、両側スライドドアという、このクラスでは、ベーシックな仕様となっています。
ただし、室内高は1400mmとNBOXに並び、クラストップの室内空間に、後席もクラストップとなる260mmのロングスライドが実現されていて、使い勝手にも優れています。

インテリアは、広いグラスエリアによる開放感や、デイズでも好評なタッチパネル式オートエアコン、質感の高いシートクロスなどが大きな特徴です。

そして日産得意のアラウンドビューモニターも当然搭載されています。真上からクルマを見た画像で周囲を確認できるので、車庫入れの強い味方となります。
その他にも女性ユーザーに配慮した装備満載で、坂道発進で後退を防止するヒルスタートアシスト装備。サイドウィンドウにはクォーターガラスが採用されピラーを細くして、右左折時の視界を向上させるなど、運転しやすさに徹底したこだわりが見られます。

使い勝手も、自動開閉するリモコンオートスライドドアや、前後に引き出せる助手席シートアンダーボックスなど、女性配慮がなされています。フロントドア&クォーターガラスの紫外線を約99%カットするスーパーUVカット断熱グリーンガラスが設定されている点も女性には嬉しいですよね。

デイズルークスのエンジンは自然吸気エンジン(NA)モデル、ターボモデルともCVTが採用。さらに9km/hからエンジン停止するアイドリングストップが採用されるなど燃費向上技術が搭載されています。
NAエンジンではJC08モード燃費は26km/Lと低燃費。ライバルのタントが28km/L、スペーシアの29km/Lには及ばないのが少々残念ですが・・・。

デイズルークスの価格は124万50円〜145万6350円で、ハイウェイスターが145万7400円〜185万2200円となっています。

売行き絶好調のNBOX、先駆者のタント、低燃費のスペーシアと競合が多く、各社特徴のあるクルマを投入して、人気となっている中、質感の高さ、装備の豊富さがウリのデイズルークスはどこまで健闘できるでしょうか、楽しみですね。


【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。
 ◆カンタン約3分のオンライン車査定 軽自動車

【軽自動車の新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることがで、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れモノです。
 ◆軽自動車の諸費用込み新車見積もりはこちらから 軽自動車

 ◆軽自動車の無料中古車検索はこちらから!



タントのおすすめ・お買い得グレード タントへの乗り換え、買い替えに
NBOXのおすすめ・お買い得グレード NBOXへの乗り換え、買い替えに
2014年軽自動車販売台数ランキング



掲載している情報・リンクサイトは自己の責任で利用してください。
掲載サイトとの間に生じたトラブルに当サイトは一切責任は負いません。
Copyright (C) 軽自動車 比較・ランキング 2014 All rights reserved.